不動産
ホテル
会社設立
ビザ
航空券
交通
観光旅行
シネマ、ステージ
レストラン
カラオケ、クラブ、スナック
マッサージ

目次
天安門 天安門広場
正陽門 毛主席紀堂
人民英雄紀碑 国旗掲揚台
中国歴史博館 中国革命館
中山公園 故宮
景山 北海公園
中南海 西什庫教堂
東四清真寺 南堂
瑠璃廠 天壇
陶然亭公園 法源寺
天寧寺 白雲観
歴代帝王廟 広済寺
妙応寺白塔 魯迅故居と博物館
北京動物園 紫竹院公園
五塔寺 雍和宮
地壇公園 鼓楼
鐘楼 徳勝門箭楼
元大都西土城址 覚生寺(大鐘寺)
長城―八達嶺 居庸関
明十三陵 頤和園
円明園 盧溝橋
周口店北京原人遺跡 香山
碧雲寺 雲居寺
十方普覚寺(臥仏寺)  
中国旅行基本情報
中国旅行安全の基礎知識
通貨・両替・チップ
持ち物チェックリスト
観光VISA申請必要書類
鉄道の利用のしかた
中国旅行の体調管理基礎知識
中国の年中行事
中国の休日の告知と注意
銀行
北京の 外国人病院

Citybj.com > サービス > 観光旅行 > 天壇

<天壇>(てんたん)
 崇文区の正陽門外、永定門内大街の東側にある。皇帝が、文字通り天に五穀豊穣を祈る場所であった。
 明の永楽18年(1420)の築造で、初めは天地壇といったが、嘉靖9年(1530)に四郊分祀の制度が定められ、「月壇」「日壇」「地壇」が建設されたため、天壇と改称し、清の乾隆・光緒両年に改修を行った。
 全体の構成は、天円地方(天は丸く、地は四角い)という思想に基づき、北側を丸く、南側を四角く造ってある。
 天壇というのは圜丘壇と祈穀壇の総称である。南に圜丘壇、北に祈穀壇が置かれるが、ともに中軸線上にあって、両者は丹陛橋と呼ばれる道で結ばれている。丹陛橋は北に高く、皇帝は南の圜丘壇から祈穀壇へ坂を上る形で丹陛橋を進んだがそれは昇天を象徴した。
 圜丘壇には圜丘壇・皇穹宇などが、また祈穀壇には祈年殿・皇乾殿・祈年門などがある。
 敷地は約270万uと広大で、現存する中国最大の祭祀建造物である。

──圜丘壇(かんきゅうだん)
 天壇の南部にある。皇帝が冬至の日に天を祭ったところで、祭天台・拝天台・祭台ともいう。石造りの三層の壇で、もともと建物はない。
 明の嘉靖9年(1530)の築造時には壇面と欄干はともに琉璃瓦で造られていたが、清の乾隆14年(1749)に拡張したさい、欄干と腰羽目板は漢白玉石、頂部は艾葉青石に改められた。
 円形で三層をなし、各層の手すり・腰羽目板・階段の数はいずれも陽数(天数ともいい、9とその倍数)になっている。頂部の敷石は中心のものが円形であるほかはいずれも扇形で、その数も陽数である。
 最上壇の中心点で話すと、本人にはその声が反響して聞こえる。もちろん、皇帝が天への報告をする際の効果を考えての仕掛けである。天と対話をしているような錯覚を呼び起こしたであろうか。
 二重にめぐらした背の低い周壁は、内側が円形、外側が方形である。

──皇穹宇(こうきゅうう)
 圜丘壇(かんきゅうだん)の北側にある。圜丘壇で祭る神の位牌を安置したところ。
 正殿は天を象徴する円形をなし,明の嘉靖9年(1530)の築造時には泰神殿といったが,同17年(1538)11月に現在名に改称。明代は重檜円形宝彩造りであったが,清の乾隆17年(1752)に金銅製の宝珠・藍色瓦葺きの円形宝形造りに改築。
 周囲にめぐらした円形の周壁は、内側の壁面が滑らかで音がよく伝わるので、俗に回音壁という。現在は柵が設けられていて自分で試すことは出来なくなっている。

──祈年殿(きねんでん)
 天壇の北半部にある。天壇を代表する建築。皇帝が毎年豊作を祈った場所である。
 三層の青の瑠璃瓦は屋根は見事である。青い空をバックにした青の色も美しい。屋根の丸さも美しい。最上層の円錐形も美しい。「天への祈り」を最大限に表現できた建築といえよう。
 明の永楽18年(1420)の築造で初めは天地壇といい、壇上に大祀殿という円殿が建っていた。嘉靖24年(1545)に金鋼製の宝珠に,上眉が藍色琉璃瓦,中層が黄色琉璃瓦,下層が緑色琉璃瓦葺きの三重櫓宝形造りに改築して大享殿と改称。,清の乾隆年間に現在名に改称し、翌年に中層と下層も藍色琉璃瓦葺きに改めた。
 高さ38メートル、直径30メートル。内部には中央に四季を表す四本の柱、その外側にそれぞれ十二か月と十二時辰を表わす柱が十二本ずつ同心円をなして建つ。屋根を支えているのはこの二十八本の柱だけで、ほかには梁も釘も使われていない。

──斎宮(さいぐう)
 天壇の西天門の南側,祈年殿の西南にある。祭祀のさい、皇帝が斎戒・宿泊した。周囲に二重の御溝をめぐらし、外溝の内側に回廊をめぐらす。正殿のほか、後方に寝殿、東北の隅に鐘楼がある。鐘楼には永楽年間銘の太和鐘がある。

──神楽署(しんがくしょ)
 天壇の西天門外南側にある。祭祀・奏楽の担当官を養成したところ。明の永楽18年(1420)に建てられ、初めは神楽観といったが、清の乾隆8年(1743)に神楽所、同19年(1754)に現在名に改称。  祈りの儀式において、奏楽のはたす役割は重要であったことは史書からも知られる。
from:北京新華国際旅遊有限公司


シティ北京 Copyright © 2004-2011 All Rights Reserved.
E-mail:citybjjp@yahoo.co.jp