不動産
ホテル
会社設立
ビザ
航空券
交通
観光旅行
シネマ、ステージ
レストラン
カラオケ、クラブ、スナック
マッサージ

目次
天安門 天安門広場
正陽門 毛主席紀堂
人民英雄紀碑 国旗掲揚台
中国歴史博館 中国革命館
中山公園 故宮
景山 北海公園
中南海 西什庫教堂
東四清真寺 南堂
瑠璃廠 天壇
陶然亭公園 法源寺
天寧寺 白雲観
歴代帝王廟 広済寺
妙応寺白塔 魯迅故居と博物館
北京動物園 紫竹院公園
五塔寺 雍和宮
地壇公園 鼓楼
鐘楼 徳勝門箭楼
元大都西土城址 覚生寺(大鐘寺)
長城―八達嶺 居庸関
明十三陵 頤和園
円明園 盧溝橋
周口店北京原人遺跡 香山
碧雲寺 雲居寺
十方普覚寺(臥仏寺)  
中国旅行基本情報
中国旅行安全の基礎知識
通貨・両替・チップ
持ち物チェックリスト
観光VISA申請必要書類
鉄道の利用のしかた
中国旅行の体調管理基礎知識
中国の年中行事
中国の休日の告知と注意
銀行
北京の 外国人病院

Citybj.com > サービス > 観光旅行 > 故宮博物院

<故宮博物院>(こきゅうはくぶついん)
 旧称を紫禁城といい、北京市の市街中心部にある。
 明・清両代の皇宮で、明の永楽4年(1406)に着工、同18年に基本的に完成し、それ以来、560年余りの間に24人の皇帝が主となった。
 72万u余りの敷地に9000室余りの建物があり、延床面積は約15万u。周壁は長さ約3kmで、周壁の外側に幅52メートルの護城河(堀)がめぐらされてている。東西南北に各一門があり、南が正門の午門、北が神武門、東が東華門、西が西華門である。
 殿宇の配置は大きく外朝と内廷の二つに分かれる。外朝は、太和・中和・保和の三大殿が中心をなし、その両翼に文華・武英両殿を配し、皇帝が儀式を行い、群臣を召見するなど公的な場所であった。
 内廷は乾清宮・交泰殿・坤寧宮と東六宮、西六宮などからなり、皇帝が日常の政務を処理し、后妃と皇子が生活し、祭祀を行うところであった。
 故宮の建物には気迫がみなぎり、豪壮華麗で、中国の古建築の粋を集める。勿論、博物館としても一級で収蔵品は百万点に及ぶとされる。北京随一の見所といってもよいだろう。1987年、ユネスコの世界文化遺産に登録。
from:北京新華国際旅遊有限公司

──午門(ごもん)
 故宮の正門。子午の方向にあることから午門と呼ばれている。明の永楽18年(1420)の創建で、高さ8メートル。
 三つの通路が通じており、かつて中央の大門は皇帝専用でふだんは閉まっていた。右側の門は皇族と公爵専用、左側の門は文武の官僚用であった。
 台上には俗称を五鳳楼という五つの楼が建ち、中楼の左右に鐘亭と鼓亭があり、皇帝が太和殿で式典を催すときには鐘と太鼓を一斉に鳴り響かせ、威厳を示した。
 午門の前は広場になっているが、明の時代には役人が「廷杖」と呼ばれる杖で打たれる刑罰が行われた場所でもあった。
from:北京新華国際旅遊有限公司

──太和殿(たいわでん)
 俗に金鑾殿といい、故宮の中心部にある。故宮の「三大殿」のなかでも最も重要な建物。
 皇帝の即位や誕生、春節(旧暦の元旦)や冬至などの祭日、出兵征討など、明・清両代の皇帝の重要な儀式はすべてここ太和殿で行われた。
 明の永楽18年(1420)に完成し、初めは奉天殿といったが、嘉靖41年(1562)に皇極殿と改称し、清の順治2年(1645)に現在名になる。
 三層の漢白玉石の基台の上に建つ。基台には三列の石段がついているが、中央のそれは巨大な一枚石に海浪と流雲と蟠竜を彫った「御路」であり、皇帝専用の通路であった。
 それぞれの基台の上には、雲竜と雲鳳を彫った漢白玉石の柱が立ち並び荘厳な雰囲気を醸し出している。
 基台の階段をのぼると大和殿。正面には巨大な紅色の円柱が十二本並ぶ。建物は高さ29メートル、幅約63メートル、建坪2377平方メートル。建物の内部には、楠の大木柱が立ち並び、巨大な屋根を支える。その柱に囲まれるように、薄暗がりのなか皇帝権の象徴である玉座が置かれている。
 黄色瓦に紅色の壁。故宮で最も壮観な建物である。中国における現存する最大の木造建築でもある。
from:北京新華国際旅遊有限公司

──中和殿(ちゅうわでん)
 太和殿の北側にあり、故宮の「三大殿」のひとつ。
 明の永楽18年(1420)に完成し、初めは華蓋(かがい)殿といったが、嘉靖年間に中極殿と改称し、清の順治2年(1645)に現在名になった。
 縦横24.15メートルの正方形で、屋根の中央に金メッキの宝珠がある。皇帝が太和殿に赴くときはまずここ中和殿で小憩し、内閣・礼部や侍衛・執事の朝礼を受けた。天壇、地壇や社稷壇での祭礼の際、祝詞や儀式の農具の閲見を行う場所でもあった。
from:北京新華国際旅遊有限公司

──保和殿(ほわでん)
 中和殿の北側にあり、故宮の「三大殿」のひとつ。
 明の永楽18年(1420)に完成し、初めは謹身殿といったが、明の嘉靖年間に建極殿、清の順治年間に現在名に改め、乾隆年間に改修。
 清代には大晦日と旧暦正月15日の夜に皇帝がここで宴会を催した。乾隆54年(1789)から清朝末期には科挙の催行試験である殿試の会場ともなった。
 また、保和殿の背後(北側)には「竜彫石」と呼ばれる龍を彫刻した巨大な一枚岩がある。
from:北京新華国際旅遊有限公司

──乾清宮(けんせいきゅう)
 故宮の内廷のいちばん前面(南側)にある。
 明の永楽18年(1420)に完成し、清の嘉慶3年(1798)に改築。
 清の康熙帝以前は皇帝が住み、政務を処理したところ。清の雍正帝以後は、皇帝の居室は養心殿に移され、ここは内廷の典礼を行い皇族に宴を賜う時などに使われた。
from:北京新華国際旅遊有限公司

──交泰殿(こうたいでん)
 故宮の内庭、乾清宮と坤寧宮との間にある。
 毎年、元旦・冬至・千秋(皇后の誕生日)の三大節に皇后はここで賀を受けた。
from:北京新華国際旅遊有限公司

──坤寧宮(こんねいきゅう)
 故宮の内廷のいちばん後ろ(北端)にある。
 明の永楽18年(1420)に落成し、清の順治12年(1655)に改築。
 明代には皇后の居室として使われ、皇帝の大婚はここで3日間儀式が行われた。清代には満州族の神をまつる祭神の場に改められた。
from:北京新華国際旅遊有限公司


シティ北京 Copyright © 2004-2011 All Rights Reserved.
E-mail:citybjjp@yahoo.co.jp