不動産
ホテル
会社設立
ビザ
航空券
交通
観光旅行
シネマ、ステージ
レストラン
カラオケ、クラブ、スナック
マッサージ

目次
天安門 天安門広場
正陽門 毛主席紀堂
人民英雄紀碑 国旗掲揚台
中国歴史博館 中国革命館
中山公園 故宮
景山 北海公園
中南海 西什庫教堂
東四清真寺 南堂
瑠璃廠 天壇
陶然亭公園 法源寺
天寧寺 白雲観
歴代帝王廟 広済寺
妙応寺白塔 魯迅故居と博物館
北京動物園 紫竹院公園
五塔寺 雍和宮
地壇公園 鼓楼
鐘楼 徳勝門箭楼
元大都西土城址 覚生寺(大鐘寺)
長城―八達嶺 居庸関
明十三陵 頤和園
円明園 盧溝橋
周口店北京原人遺跡 香山
碧雲寺 雲居寺
十方普覚寺(臥仏寺)  
中国旅行基本情報
中国旅行安全の基礎知識
通貨・両替・チップ
持ち物チェックリスト
観光VISA申請必要書類
鉄道の利用のしかた
中国旅行の体調管理基礎知識
中国の年中行事
中国の休日の告知と注意
銀行
北京の 外国人病院

Citybj.com > サービス > 観光旅行 > 中山公園

<中山公園> (ちゅうざんこうえん)
 天安門の西隣にある。面積は74ヘクタール。正面は長安街、裏面は故宮の筒子河に臨む。中心をなすのは社稷壇(しゃしょくだん)と拝殿など。
 明朝は皇城の南に左右対称に太廟と社稷を造った。太廟は先祖を祭るため。社稷は五穀豊穣を祈るため。その社稷の跡が、中山公園である。
 柏の老木が有名で、樹齢数百年のものが1000本以上もあり、南門内にある7本は遼・金代の興国寺のころからあったものという。社稷壇の北側にある中山堂は、かつての社稷殿(しゃしょくだん)で、皇帝が休んだり、雨中で祭祀をしたりするのに使った。明の洪煕元年(1425)の創建。1925年に孫中山(孫文。1866〜1925)の死後、一時その棺を安置したことがあり、それにちなみ、1928年に現在名に改称された。
 中山公園の中心をなす社稷壇(しゃしょくだん)は明の永楽19年(1421)の築造で、明・清両代の皇帝が社(土地の神)と稜(五穀の神)を祭って豊作を祈願したところで、毎年、春と秋の仲月(旧暦の2月と8月)の一の戊の日の早朝に祭典が行われた。上壇は中央が黄色、東が青色、西が白色、南が赤色、北が黒色という、五行思想(木・火・土・金・水)を象徴する五色の土を敷き詰めている。
 柏の大木群と古びた社稷壇が相まって独特な古色蒼然たる雰囲気を醸し出している。
from:北京新華国際旅遊有限公司


シティ北京 Copyright © 2004-2011 All Rights Reserved.
E-mail:citybjjp@yahoo.co.jp