>

中医学

中医学ちゅういがく)とは、中国で伝統的に伝えられている医療の体系を指す言葉である。西洋医学と対比的に用いられる?

  • 漢方(漢方薬)
  • 薬膳
  • 鍼灸(鍼)
  • 推拿

 

漢方医学

 

漢方かんぽう)、漢方医学かんぽういがく)とは 伝統中国医学の系譜で、日本で独自に発達した伝統医学の総称。現在は漢方薬による治療のみを指すことが多いが、元来は鍼灸や按摩、食養生なども含む。

その治療の根底にあるものは、人間の体の中を巡っている「気」(血液やリンパ液とはまた異なる)の流れを滞りなくする、というもので、つまり、漢方医学において病気の症状は、気の流れの停滞が原因である、と言うことなのであり、停滞を解消する方法が、漢方薬、鍼、灸、といったものなのである。

漢方という語は江戸時代にヨーロッパの医学(蘭方医学)が伝わり始めた頃に、そちらと区別するために使われるようになった。

 

具体的な処方

  • 漢方薬
  • 薬膳
  • 気功
 

 

漢方医学の歴史

前漢(紀元前202年〜紀元8年)の時代には「黄帝内径」という現在知られている最古の医書が編纂されている。後漢(25年〜220年)の時代に張仲景により「傷寒論」「金匱要略」が編纂される。伝統中国医学は張仲景によって初めて理論的に体系化されたともいわれる。

金・元時代(960年〜1367年)には金元四大家と呼ばれた劉完素、張子和、李東垣、朱丹渓らが現われる。黄帝内経の理論を元に六淫理論、四傷理論といった新しい理論が表された。

日本には朝鮮半島を通じて、あるいは遣隋使・遣唐使によって中国から伝えられた。982年には現存する日本最古の医書「医心方」が丹波康頼によって編纂された。 13世紀頃には禅宗の僧が医学の担い手となった。

しかし、日本で現在の漢方医学といわれるものが発展するのは16世紀になってからである。明に留学した田代三喜は金元医学を学んだ。その弟子であり織田信長に重用された曲直瀬道三は金元医学を解説した「啓廸集」を著わし、また医学舎「啓廸院」を創り多くの弟子を教えた。金元医学を元にした医学はのちに後世派(ごせいは)と呼ばれる。この時代、医学と宗教の分離が行われた。

17世紀には名古屋玄医が「傷寒論」への回帰を訴えた。後藤艮山、香川修庵、山脇東洋、吉益東洞らがこれに続いた。この流れは古方派(こほうは)と呼ばれる。後世派が陰陽理論や五行理論といった抽象的な理論に基づくのに対し、古方派は実証的に傷寒論を解釈することに務めた。しかし古方派の実証主義が西洋医学流入に伴い漢方医学が衰退する一因となる。

明治以降は西洋医学を学び医師免許をとらなければ医師と名乗ることが出来なくなり、また漢方医学は法律的にも非合法とされる。

1910年に和田啓十郎が「医界之鉄椎」、その弟子の湯本求眞が「皇漢医学」(1928年)を著わし漢方医学の復権を訴える。

1950年には日本東洋医学学会が発足。 1976年には漢方方剤のエキス剤が健康保険適用になる。

 

薬膳

 

薬膳やくぜん)とは中国を起源とする食餌療法を用いた学問、または料理の一つ。生薬の原料や材料として用いられる海松子、金針菜、枸杞、紅花、山査子、銀、大棗、蜂花粉、百合、竜眼肉等を用いた料理のみならず自然界にあるもの全てを食物と考え、日本語の造語である医食同源のもとに個々人ごとに異なる体質や臓器に適した食物をどのように摂ることが効果的かを予防医学の見地に立つ中国医学による帰経(きけい)効果がある料理。

 

生薬

薬膳に用いられることの多い食品のうち代表的なものを列記する。

  • 海松子(かいしょうし): 松の実
  • 金針菜(きんしんさい)
  • 銀耳(ぎんじ): 白木耳(しろきくらげ)
  • 枸杞子(くこし): 一般にクコの実と呼ばれ、ナス科植物のクコまたはナカバクコの果実を干したもの。
  • 紅花(こうか、べにばな)
  • 山査子(さんざし): バラ科のサンザシの実
  • 大棗(たいそう): クロウメモドキ科サネブトナツメの実
  • 花粉
  • 百合(びゃくごう): ユリの根
  • 竜眼肉(りゅうがんにく)ムクロジ科リュウガンの仮種皮
 

 

五行

医食同源における五行の考えを取り入れ、食品を「熱、温、平、涼、寒」に分け、摂取した際に体内が「熱、温」、「涼、寒」、いずれでもない「平」に分類する。医学的見地においてこれら五行の体感は自律神経によるもので、例えば冷え症は血管の収縮や弛緩を調整する働きの不調から起こるため、これらを改善する成分を含む食品を摂ることが薬膳の考えかたになる。

熱温性食品(温性食品) 
一般に成長がゆっくりで水分が少なく小さくて硬い食品と言われ、緑黄色野菜や血行を良くするビタミンEや、糖質の分解を助けるビタミンB1等が含まれる食品。
カボチャ、栗、クルミ、ニンニク、ニラ、葱、玉ネギ、ラッキョウ、 山椒、胡椒、唐辛子、芥子、生姜、シソ、パセリ、人参、春菊、 蕗、山菜、鰻、ナマコ、鮪、鯛、蜂蜜、牡蠣、牛肉、羊肉、鶏肉、餅、味噌、酒、ビール
涼寒性食品(涼性食品) 
一般に成長が早く水分が多く大きく柔らかい食品と言われ、腎機能を高め利尿作用を助ける成分が含まれる食品。
茄子、 トマト、胡瓜、セロリ、牛蒡、ホウレン草、柿、キウイフルーツ、バナナ、枇杷、豚肉、レモン、ミカン、梨、林檎、西瓜、パイナップル、柚子、アスパラ、チシャ、苦瓜、 蕪、モヤシ、冬瓜、そば、 緑豆、アサリ、シジミ、鮑、蛤、雲丹、蛸、蟹、 昆布、牛乳、緑茶、醤油、塩、味噌、豆腐
平性食品 
レモン、大根、納豆、玄米、ジャガイモ、大豆、サンマ、里芋、鶏卵

 

(きゅう)は温熱刺激によって生理状態を変化させることで、病気を治療しようとする伝統的医術。主に中国医学、モンゴル医学、チベット医学などで行われる。日本や中国ではもぐさを皮膚に乗せて火を点ける方法が主流だが、金属を熱して近づけるなどの他のやり方も存在する。

 

 

 中国における手技療法、マッサージ。古くは按摩とも。日本の按摩とは、その形態が異なる。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア (Wikipedia)』