伝統中国医学

伝統中国医学とは、中国において、主に漢民族によって発展させられ、朝鮮半島や日本にも伝わってそれぞれ独自の発達を遂げた伝統医学の総称。英語のTraditional Chinese Medicine: TCMの訳語。日本においては、東洋医学と呼称されることが多い。

 

 

伝統中国医学の分類

  • 中医:中国における伝統中国医学の呼称。
  • 東医学:朝鮮半島(現在では朝鮮民主主義人民共和国)で発達した中国医学系伝統医学の呼称。
  • 韓医学:東医学と同じものの韓国における呼称。
  • 漢方医学:日本で発達した中国医学系の伝統医学の呼称。鍼灸も含むが、漢方薬による治療のみをさすことが多い。

 

関連記事

アーユルヴェーダ

アーユルヴェーダ(???????? aayurveda)はインドの伝統的な学問で、その名は「アーユス(????? aayus 生気、生命)」と「ヴェーダ(??? veda 知識)」の複合語である。現代でいう医学のみならず、生活の知恵、生命科学、哲学の概念も含んでいる。

トリドーシャ(3つのドーシャ)説:人間、動物、世界はヴァータ・ピッタ・カパ(カファ)という3要素を持っているとする説。人間は個人により3要素の強さの違いがあり、性格や体質の違いとして現れるという。また、それに合わせた食生活、病気の治療法があるという。

 

出典: フリー百科事典『ウィキペディア (Wikipedia)』